現代人が抱える目の疲れはアントシアニンで改善可能

男の人

目の疲れが取れない

眼精疲労

IT普及による現代病

目の疲れは現代病ともいえるほど誰でも経験します。一晩寝ることで改善することができるのであれば、問題ないのですが、目の疲れが蓄積されると眼精疲労に発展します。眼精疲労は一晩寝ても目の疲れが取れず、頭痛など目以外に痛みを感じることも少なくありません。眼精疲労に悩む人が多い理由はパソコンやタブレットスマートフォンの普及です。且つては目を疲れる要因としてテレビが挙げられていましたが、最近ではテレビのような画面を四六時中見る機会が多くなっている事で眼精疲労に発展するケースが増加しているのです。オフィスワークでもプライベートでも目は一定期間使用したら休ませることが大事です。蒸しタオルなどで温めることで血行が促進し目の疲れを癒してくれます。

ドライアイにも注意

眼精疲労と同時に気を付けなければならないのがドライアイです。パソコンなどの画面を凝視する機会が増加すると瞬きの回数が減ります。瞬きは目に潤いを与えるための大事な行為です。しかしこの瞬きが減少することで目に潤いが行き渡らなくなりドライアイに発展します。目の潤いは眼球を傷つけないようにする効果も持っています。そのため、ドライアイになると眼球が傷つきやすくなり、目の病気になりやすくなってしまうのです。車の運転と同様にオフィスワークやゲームなどをする時には1時間から2時間おきに目を休息させる時間を設けることが大事なポイントです。遠くを見たり目を閉じて休ませることや間の周りの筋肉のマッサージなどを行う事が重要です。