現代人が抱える目の疲れはアントシアニンで改善可能

男の人

菌の力で免疫力向上

シニア女性

免疫のカギは腸内環境

風邪など病気になりやすい人は、乳酸菌を摂ると免疫力がアップするのでオススメです。ウイルスや細菌に対する抵抗力を持つ免疫力は、免疫細胞から生まれます。そして、この免疫細胞のうち、60から70パーセントが小腸の中に存在しています。小腸の内壁には、こまかい突起(絨毛といいます)と、バイエル板というものがあります。このバイエル板が、ウイルスや細菌を察知して、リンパ球を分泌させるのです。これが免疫のメカニズムです。乳酸菌を代表とする善玉菌は、このバイエル板を活性化するため、より早く免疫のシステムが作動するようになります。そのため、良質な乳酸菌を毎日取ることで、病気にかかりにくい身体を手に入れることができるのです。

腸内で働く菌とは

乳酸菌について、かつて、「生きたまま腸に届く」ものでないと腸に効かないと言われたことがあります。プロバイオテックスという乳酸菌が重要視されました。しかし現在の研究では、胃酸などで死んだ乳酸菌は、腸の中ですでに生息している乳酸菌を活性化させることができ、それにより、確実に腸内環境を良くする、ということがわかってきました。プレバイオテックスという考えです。それどころか、先に菌を加熱処理してしまうバイオジェニックスというものもあります。加熱処理菌がバイエル板活性に直接作用します。乳酸菌を摂取するための食品やサプリなどは数多くありますが、いずれも特定の効果が期待できます。大切なのは、毎日継続して摂ることで、良好な腸内環境をキープすることです。